基本的にポケモンの事などについて語っていきたいなと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル66】クチートラティアス軸願い事パーティ【第16回夜空杯】

第16回夜空杯(シングル66)の使用構築です。
ばんぎラティアス
霊獣ぼると色スイクン
まんむークチート

バンギラス@ラムの実
意地っ張り
207-176-130-☆-147-61
追い討ち
岩石封じ
けたぐり
ステルスロック

ラティアス@オボンのみ
臆病
187-☆-118-130-150-170
サイコキネシス
願い事
どくどく
守る

霊獣ボルトロス@こだわりメガネ
臆病
155-☆-90-197-100-168
10万ボルト
めざめるパワー(氷)
サイコキネシス
ボルトチェンジ

スイクン@カゴのみ
呑気
207-☆-183-110-135-95
熱湯
絶対零度
吠える
眠る

マンムー@こだわりスカーフ
陽気
185-182-100-☆-81-145
地震
つららばり
こおりのつぶて
ステルスロック

クチート@クチートナイト
意地っ張り
前155-150-105-☆-75-73
後155-172-145-☆-115-73
じゃれつく
はたきおとす
ふいうち
剣の舞

クチート+ラティアスの相性補完とボルトロスの高火力、マンムーの上からの制圧、スイクンの零度に任せたゴリ押しパーティです。もちろんバンギラスもひと役かっています。

個別解説

バンギラス
ばんぎ
シングル66で大事なステロ要員。ゲンガーにハメ殺しされるが嫌だったのと、引いてくる電気枠やヒードランなどの炎枠をクチートのふいうち圏内に入れたかったので追い討ちを搭載。アローへの打点、起点防止のための封じ、ナットレイがパーティで重かったのと
ドランに居座られるのは寒かったのでけたぐり。吠える欲しかった。
実際はゲンガー全然いなかったので後者の使い方かステロ撒いて砂でスリップダメージ稼ぎつつクッションにするみたいな立ち回りが多かったです。


ラティアス
ラティアス
クチートとタイプ相性が良く、何度も出せるよう願い事を入れたかったので採用。バシャーモに対して後ろから投げれる数少ないポケモンというのが魅力なので、それを安定させるためのオボン。相手の交代に合わせて願い事を打つことで、交代からきたガルドに対してクチートの後出しが比較的安定します(当たったのがほとんど剣舞だったから辛かった)。またクチートだけじゃなく、過労死しやすいスイクンに願い事を与えることで絶対零度の試行回数を増やします。
他の技は願い事とのシナジーの良さから毒々と守るを入れましたが、交代で出てくるドランやハッサムなどに当てる電磁波欲しかったです。そうすることで相手のクチートへの交代が安定しなくすることが出来たことに気づいてしまいました。
残りはバナやガッサきたらキツイのとバシャーモに1番火力だせるからサイキネ。


霊獣ボルトロス
霊獣ぼると
前のパーティ記事でも書きましたが、シングル66ではボルトチェンジの通りを防ぐことが必須だと個人的には思っており、後述するマンムーだけでは水ロトムのボルトチェンジに対して全く安定しなかったので採用しました。最初は耐久に振って水ロトムのハイポン2発くらい耐えるといいなーと思ったのですが、そんなことするくらいなら高火力で殴った方が汎用性あると思ったので思い切って眼鏡にしました。電気枠で眼鏡はプレイングに少し不自由さがあるので珠と迷いましたが、蓄積が多いポケモンなので一長一短かなと。でもサイコキネシスはいらなかった。気合玉にすれば良かった。
また、相手にはこちらの先発マンムーがちらつくと思うので、マンムーに隙見せないポケモンに比較的強いボルトロスを先発で置くことで初手から有利に立てることが多かったです。


スイクン
色スイクン
零度スイクンis最強。
水タイプの通りとマンムーへの重さ、ラティアスが削れた時のバシャーモへのとりあえずの投げ先として採用。最初は熱湯吠えるねむねごで使おうと思っていたのですが、後ろへの負担の少なさと相手の瞑想スイクンの解答が欲しかったので零度を採用。零度だと身代わりに弱いので吠えるは必須だと判断しました。
とにかく零度の試行回数を稼ぐことが大事だと思っているので、有利な対面で積極的に零度を打っていきます。今回はめちゃくちゃ当ててくれて直接勝ちに繋がる場面もありました。


マンムー
まんむー
終盤を任せることと、マンダを上から叩くことが狙いでスカーフにしてみました。技は地震は確定。つららばりとつらら落としで迷いましたが、ガッサとグライに対する答えが少なかったのでつららばりを採用。実際つらら落としの方が強い場面しかなかったけどまあしょうがない。あとはマンダが舞った時やスカーフガブやランドに対して打つ礫、バンギの体力管理が必要な時のためにステロを採用しました。マンムーは多くのパーティに刺さるポケモンなので強かったんですが、スカーフはなんとも言えない使用感でした。


クチート
クチート
このパーティのエース的存在。序中盤で積極的に負担をかけていきます。
構築を組み始めた最初はドランを含めた鋼を確実に狩ってから暴れる予定だったのですが、色々考えてたらパーティに無理が生じてしまったのでラティアスとクチートという形だけが結局残りました。
技構成はシングル63で良く見るやつ。配分もDよりにしようか迷いましたが、ガブを不意打ちで2発に出来るか出来ないかはとても大事だと思ったので、HAで。Sはガルドが下降補正入れてたときや、無振りのマリルリに勝てるように少しだけ振りました。
とにかく、じゃれつくとはたきおとすの通りが良すぎるので、願い事と併せて有利対面作って殴っていくのがとても強かった。しかしラティアスの項でも言いましたが、パーティでクチートの低いSを補う技(電磁波など)を混ぜたらもっと強くなったのかなと思っています。

予選は4-2で直接対決の結果2位通過。決勝トーナメント2回戦で優勝者のげんごろうさんに敗れてベスト8でした。
準伝説ありのシングル66はほぼ初めてだったので不安でしたが、それなりの結果が出せて良かったです。次は優勝目指します。
運営のくろばさん、めーぜんさん、しんめーさんありがとうございました!
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。